運動会のシーズンがやってきたようです

ここ数日、近所の保育園から運動会の練習をしている声が聞こえてきます。
普段は子どもたちの声だけだったり、時々先生が笛を吹いたり童謡が流れていたりしますが、ここ数日はほぼ毎日、先生の笛が聞こえてきます。

Junges Model wirbt für Produkt

音楽も童謡ではなく、運動会のダンスの練習をしているような・・・
もうすぐ運動会なのかな?と思っていたら、別の方角にある小学校からも運動会の練習をしているらしき音が聞こえてきます。

自分が子どものころは、運動会といえば秋に行われるものでしたが、今は春(というか初夏?)に行うところが多いようですね。
ニュースで時々「運動会がうるさい」とか「子どもたちの声がうるさい」という苦情があると報道されていますが、その気持ちはよくわかります。

連日運動会の練習をしている声が聞こえてくると「うるさいなぁ」と思うときも正直ありますから。
でも・・・それは一時的なものなんですよね。

四六時中うるさいわけではありませんし、一年中うるさいわけでもありません。
もう少し、大人は余裕を持って生きていけばいいのに・・・と、子どもたちの賑やかな声を聞きながら思う今日この頃です。